楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
アンプラウンジ
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

Friedman/DIRTY SHIRLEY

この記事は2017.09.23 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

BE-100と双璧を成すFriedmanの名作アンプDIRTY SHIRLEYが待望のコンパクト化

 

 

BE-ODもクオリティと再現度が非常に高く話題になりましたが、こちらもそれと同等の仕上がりです。
基本キャラクターはFriedman流のクラシックMarshall。

 

 

ほどよい隙間によって軽快に抜けるドライブ感のヴィンテージ・フレイバーとハイレスポンスなモダンテイストが共存しています。
EQのポイントもMarshallコピータイプとは異なり、BASSは現代的な低めの帯域、TrebleとPresenceはMarshallよりも耳に刺さらない帯域になっている印象です。
そしてEQではMIDが一番独特に感じました。
フルにカットしてもドンシャリではなく、むしろフラットなセッティング。
そこから中域の密度と温度をどこまで演出するか、自然なトーンシェイプに仕上がっています。
偶然にも配置もVolume, Gainの主要コントロールに並んでおり、キモのコントロールになるのかもしれません。

タイトSWを搭載し、現代的なギタリストが求めるローカットにも対応。

そして内部にはBE-ODにも搭載されたGAIN調整用のトリマーコントロールも搭載。
BE-ODではフルアップの出荷でしたが、今回は出荷時はフルカットになっています。

これを上げて行くとハイゲインサウンドに対応。
BE-ODのそれとは異なる、Marshallのテイストを残すキレのあるサウンドです。
分厚さと密度の濃いBEとは対象的に、飛び出しの良いキャラクターに仕上がっています。

DIRTY SHIRLEYの実機は非常に良いアンプだと思いますが、
いざ購入となると定番のBEではなくあえてチョイスするのには勇気が必要です。

しかし、今回のペダル化によってより気軽にサウンドを取り入れることが可能になりました。

FriedmanによるヴィンテージMarshallスタイル、ぜひ一度お試しあれ。

 

 

下記、メーカー説明

DIRTY SHIRLEYはフレキシブルでハイレスポンスなシングルチャンネルアンプを再現したペダルで、ヘッドアンプクラスのオーバードライブサウンドとニュアンスを得られることができます。 直感的なコントロールでギタリストの思い通りのサウンドを得られます。 ペダルを繋ぐアンプや他のオーバードライブのローエンドがルーズな時は、サイドにマウントされたTightスイッチでローエンドをコントロールします。 DIRTY SHIRLEYはブリティッシュロックに最適なペダルです。

British rock at its best
コントロールノブ: ボリューム、ゲイン、タイト、トレブル、ベース、プレゼンス
トゥルーバイパス仕様
9-18VDC駆動対応 (電源アダプター使用のみ)

各部名称とはたらき

FOOTSWITCH(フットスイッチ) ペダルのオン/オフ(トゥルーバイパス)の切り替えスイッチです。

VOLUME(ボリューム) 音量を調節します。

GAIN(ゲイン) ゲイン量を調節します。

BASS(ベース) 低音域を調節します。

MID(ミッド) 中音域を調節します。

TREBLE(トレブル) 高音域を調節します。

PRES.(プレゼンス) 超高音域を調節します。

TIGHT SWITCH(タイトスイッチ) 低域の出方を調節します。

IN(イン) 入力端子です。

OUT(アウト) 出力端子です
主な仕様
電源: DC 9V-18V 電源アダプターのみ(センターマイナス)
サイズ: 7.1(W) x 12.1(D) x 5.8(H)cm ※ノブの高さを含む。
重量: 302g
付属品: 保証書、マニュアル

 

 

友だち追加