楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
アンプラウンジ
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

B&G Little Sister Crossroads 入荷!!

この記事は2017.09.12 Tuesdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

B&G Guitars Little Sister Crossroads
より多くのユーザーへ!!B&G Little Sisterのハイ・コストパフォーマンスモデルが登場!!

当店でも多くのお問い合わせを頂いていた、Little Sister Cross Roads がついに入荷!!

 

1920,30年代。エレクトリックギターが登場する前のブルースに影響を受けてデザインされ、これまでに無いそのスタイルとサウンドで、多くのギターファンを魅了するB&G Little Sister。フラッグシップとなるイスラエル製のプライベート・ビルドは、多くのオーダーを抱え、入手困難な状況となっております。そんな中、より多くの方にB&Gのギターを届けようと登場したのが、このCrossroadsシリーズ。B&Gの特徴となる外観と構造を保ちながら、アジアで生産することによって手の届きやすい価格に収めたLittle Sisterです。

 

 

B&G/Little Sister Cross Roads Cutaway
¥194,400-(税込)

 

 

 

 

B&G/Cross Roads Little Sister Non Cutaway
¥194,400-(税込)

 

別工場で生産されながらも、本国のイスラエルを一度経由させ、検品することで高いクオリティーをキープさせています。コストに耐えうる最高品質のギターを生産する為に、オプションは極力排除し、P−90 P.Uにカラーはタバコサンバーストのみとなっております。

 

 

Private built 同様にカッタウェイ/ノンカッタウェイをラインナップ。

 

 

ノンカッタウェイ・モデルは、5mm程度ボディーに厚みを持たせることで、より重厚な箱鳴り感を得ることができます。

 

SPEC
Body thickness: Cutaway: 1.75” / 4.45cm ////// Non-Cutaway: 1.96" / 5cm
Body length: 17.7" / 45cm
Body width: 13" / 33cm
Back wood: African Mahogany
Top wood: Solid Figured Maple
Hardware
Tailpiece: Solid Brass
Bridge: ABR
Tuning Machines: Golden Age Restoration
Strings: D'Addario 0.10-0.46
Neck
Nut width: 1.68” / 42.8mm
Nut: TUSQ
Fret 1 Thickness: 0.89” / 22.6mm)
Fret 10 Thickness: 0.96” / 24.3mm
Scale length: 24 3/4”
Fingerboard radius: 12”
Neck Joint: Fret 14
Neck wood: One-Piece African Mahogany
Fingerboard: Wenge
Fretwire: Width 0.080”, Crown 0.040”
inlay: Pearloid
Neck shape: Soft V
Truss Rod: One way traditional spoke wheel nut
Headstock: Slotted Peghead
Pickups: P-90 Type
Covers: Solid Brass
Length
Total Length: 37.52" / 953mm
Finish : UV
ギグバッグ、当店保証

 

 

廉価版と思えない見事なメイプルトップ。チェンバード(中空構造)マホガニーのボディーに、ミディアム・スケール&20フレットのネック、スロテッドヘッド等、B&Gを象徴するスペックはプライベート・ビルトのLittle Sisterと同じ。さらに真鍮削りだしのオリジナルパーツである、テールピース、P.Uカバー、ジャックプレートも本国製と同様。

 

 

B&Gギターの象徴、デザインのアクセントとなるテールピース。

 

 

P.Uは量産型のP-90タイプを搭載。

 

 

拘りのジャックプレートも上位機種同様です。

 

 

左がCrossroads、右がPrivate Built

一見すると、どちらが廉価版かわからないと言うレベルです。(杢の分、Crossroadsの方が高く見える!?)

 

指板にはオバンコールを採用。インディアンローズに似た特性を持ち、アコースティックギターのサイド&バックではお馴染み。柔軟性のある材で、Citesによる輸入の障害も無い為、これから指板材としても注目されるマテリアルと言えるでしょう。

 

 

カッタウェイのバックショット。ご覧の通りバックのマホガニーも見事な杢が出てます!!

 

 

ノンカッタウェイのバックショット。

 

プライベートビルトが1ピースのボディーなのに対して、Crossroadsは3ピースのボディーとなっている様です。ネックとボディーにはアフリカンマホガニーを採用。やや重量がありますが、コンパクトなボディーは取り回しも良く、Little Sisterらしさはしっかりと出ています。塗装には生産性とサウンドのバランスを考慮して、UVフィニッシュを採用。本国製のハンドメイドらしい荒々しさは薄くなりますが、非常に美しい仕上げ。サウンンドもややタイトな傾向にシフトしています。

 

 

 

付属のギグバッグ

 

質感、サウンド等の全体的なクオリティーは本国製に比べると一歩譲る形となりますが、実際に手にとってご覧いただければ、このギターのコストパフォーマンスの高さがお分かり頂けると思います。今回は各一本のみの入荷となりますのでお早めに!!

 

ちなみに、本国のPrivate Builtも月産30本程度と極少生産となっており、現在バックオーダーが多く入っているため次回の入荷は来年の2月以降!!オーダー内容等は、別途お問い合わせください。

 

友だち追加