楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

WALRUS AUDIO/ARP-87

この記事は2017.08.13 Sundayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
walrus audio delay
コンパクトサイズながら高解像度の出音に加えクリエイティブな機能も盛り込んだ1台!

自然な高解像度で出音が素晴らしいのに加え、クリエイティブな機能も盛り込んだ1台。

大型のオールインワンディレイも良いですが、コンパクトサイズでこの音質と機能は嬉しい限り。

ディレイを1台ボードに入れる方なら高確立でお買い上げでしょう。

フィードバックでの音作り前提なので、発信しても音量が上がらない配慮もGood。


WALRUS AUDIO ARP-87ディレイ・ペダルはコンパクトサイズに、信じられないほどのスマートな機能を凝縮。弾き手のインスピレーションをマックスに刺激するディレイ・トーンのパレットが用意されています。

デジタル/アナログのモード切替えに、ローファイ、スラップを加えた計4モード・プログラム、さらにXノブでモジュレーションやフィルター効果を加えられます。さらにDAMPENノブでディレイ・トーンの明暗を調整できるため、自在のバリエーションを得ることが可能です。

レシオ設定が用意されたタップテンポ入力では、付点や三連符などの自在のディレイ設定を容易にしています。また2つのフットスイッチは長押しで、モメンタリー・ファンクションを起動。ワンアクションでのディレイ効果や、XノブとREPEATノブの効果を瞬間的に最大値に設定するなど、演奏に印象的なアクセントを加えるのに役たちます。

さらに、スマート・バイパス切替機能ではディレイのトレイル(トゥルーorバッファード・バイパス)を選択可能です。

一切の妥協なしに、各機能と音質を最大限に研ぎ澄ました、コンパクト・ディレイ・ペダルの新しいスタンダード。WALRUS AUDIOならではの高品設計とスマートなセンスが貫かれた逸品です。

音質重視の4プログラム・モード


1、D=DIGITAL
デジタル・モードは、クリスタル・クリアー、明瞭で凜としたサウンドを実現したデジタル・ディレイモードです。ディレイ音は際立ち、リズミックなプレイにタイトなディレイ・トレイルを加えられます。


2、A=ANALOG
アナログ・モードは、ビンテージ・アナログ・ディレイの美しく芳醇なトーンを完璧に再現。コードやラインに温かみやディメンションを追加するうえで効果的です。Xノブでモジュレーションを加えることでテープエコーのオーガニックな揺れを演出することもでき、さらにDAMPENノブで高域をカットすることで、よりダークなエコーサウンドを表現できます。


3、L=LO-FI
ローファイ・モードでは、Xノブがディレイ・リピートのフィルター周波数を調整します。有機的な動きでウォームなフィルタリングからAMラジオのようなワープサウンドまで表現性に幅をもたせた設計が魅力です。

4、S=SLAP
スラップ・ディレイ・モードでは、ショートディレイによるスラップバック・サウンドを楽しむことができます。ロカビリーやガレージ&サーフ・サウンドにぴったりなグレイト・サウンド。スラップモード時にはRATIOノブがディレイタイムの調整になります。

WALRUS AUDIO、ARP-87、ディレイ、エフェクター、ギターペダルディレイ、デジタルディレイ、アナログディレイ、タップテンポディレイ、高音質ディレイ、Strymonディレイ、BOSSディレイ、多機能ディレイ、付点八分ディレイ、3連ディレイ、スラップバックディレイ、ショートディレイ、ディレイフィードバック

DAMPENコントロール

DAMPENコントールは、ARP-87ディレイのトーンの表現性を高めています。これはディレイのリピート音のトーン調整を行うローパス・フィルターです。時計回り最大位置でローパス・フィルターのかからない、最も明瞭なディレイ音となります。ノブを反時計回り方向に戻していくにつれ、高域をロールオフしたダークなディレイトーンとなります。サウンドの印象をガラリと変えられるため、楽曲やプレイスタイルに応じて微調整することで、より印象的なディレイサウンドを構築できます。特にアナログ・ディレイ・モードでは、テープエコーのヘッドが汚れたようなダーティーサウンドの表現を、Xノブのモジュレーションと組み合わせてリアルに再現可能です。

Xノブのコントロール

Xノブは、LO-FIモード時にのみフィルター周波数の調整となりますが、その他のモードではモジュレーションのコントロールになります。ディレイにモジュレーションを加えることで、美しく有機的な揺れを加えることができるため、幻想的なプレイを強調することもできます。またアナログモードではテープエコーのもつワウフラッターによる揺れを演出もできるため、リッチでオーガニックなアナログサウンドを作り出すことができます。


メルマガ会員募集中!