楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
アンプラウンジ
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

Gretsch Custom Shop G6136TCS "1958 BS Spec" White Falcon !!

この記事は2017.08.23 Wednesdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

オーダーから1年。Gretsch Custom Shop G6136TCS "1957/58 BS Spec" White Falcon 入荷!!

過渡期の仕様が盛りだくさんの58年製ファルコンをベースにした、あのBSと同スペックのカスタムモデル!!

 

Gretsch Custom Shop G6136TCS

"1957/58 BS Spec" White Falcon Relic Built by Stephen Stern 

 

グレッチのホワイトファルコン/6136は、1954年にGretsch社のジミーウェブスター(ギタリストであり開発者)により発案、55年に市販が開始されます。美しいホワイト・カラーにゴールドパーツというゴージャスさに加えて、定番の6120は16インチは幅ボディー、ミディアムスケールなのに対して、よりワイドな17インチ幅のボディーに大振りのヘッドとロングスケールというのがファルコン特有のスペックとなります。

 

今回オーダーしたのは57/58年の過渡期スペック。57年頃までのヴァーチカル(縦ロゴ)に57年頃からのサムネイル(ネオクラシカル)インレイとフィルタートロンP.Uの仕様が入り混じった仕様になります。しかしながら、ヴィンテージを再現するのであれば、スペース・コントロール・ブリッジにキャデラック・テールピースをチョイスするのが普通ですよね。しかし、こちらのモデルにはBigsbyにTune-Oタイプのブリッジ、さらにP.UはTV Jones Brian Setzer Signatureが、、、、、ということは!!?

 

Brian Setzer 公式ホームページより

 

そうです!!こちらはブライアン・セッツァーの為に製作されたファルコンとドンズバの仕様。現時点で確認できるだけでもQiltTopのBilly Bo/Coral Pinkの6120/今回のファルコンと、ブライアンはCustom Shop製を3本所有(トリビュートの1959 6120は博物館へ)しており、2016年の来日公演時も大活躍していたビグスビー付のファルコンはそのうちの一本。ブライアンが所有する57/58年のヴィンテージ・ファルコンをベースに、ステージでの使用を考慮してビグスビーテールピースと、お馴染みのブリッジとシグネイチャーP.Uを搭載。今回、当店ではそのスペックをそのままリクエストいたしました。

 

まずは素晴らしいルックスから!!

研究が重ねられた近年のCustom Shopのレリック技術は恐ろしくリアル!!

独特の色合いに焼けたホワイトカラー、貫禄のウェザーチェック。金属パーツもしっかりとエイジングされており、全体の統一感もお見事です。

 

細かな部分では、ファルコンならではのスモール・ジュエルのアローノブ(矢の先から離れた小さめのジュエル)も見事に再現。

 

 

余談ですが、近年のグレッチに採用されているノブはGretschのマスタービスダー、スターン氏によりオリジナルに忠実にリファインされています。上段がスモールジュエル、下段がラージジュエル、左から最初期のジュエルのみから、アロー&ジュエル、Gアロー&ジュエルと、他のGretschのノブと同様に変更されます。(細かい年式に関しては例外が多いので、ここでは割愛させていただきます)

 

 

大振りなヘッドに輝くゴージャスなヴァーチカル(縦ロゴ)は初期〜中期ファルコンの証。

ロゴ全体が日本製のものよりややシャープな印象ですが、サンプルとなったヴィンテージの個体が違う為かもしれません。ボディーと比較して真っ白なヘッドも個人的には大きなポイント。ホワイトファルコンのヘッドトップは樹脂製の板が貼られており、ボディーの様に色焼けしていません。この辺りの拘りもカスタムショップならではと言えるでしょう。焼けたボディーに純白のヘッド、このコントラストに萌えます!!

 

 

メイプルネックに指板はエボニー、57年頃からのサムネイル(ネオクラシカル)インレイ。前年までのゴージャスなウェザーインレイも捨て難いですが、フィルタートロンといえばこちらのインレイがしっくりきます。ネックシェイプは程よく厚みがありますが、決してファットではないCシェイプ、絶妙です。

 

貴重なヴィンテージは実戦、ステージ向きでないとの考えから生まれたブライアンとグレッチカスタムショップによるコラボレーション。キャデラックテールピースではなくビグスビーを搭載しているのもその為でしょう。

お馴染みのモディファイであるABR-1タイプのブリッジ(ピンド・ブリッジ)。Gretschオリジナル・ブリッジならではのサウンドとは少し変わってしましますが、オクターブ・チューニングと弦落ちから解放されるという恩恵は大きいです。

P.Uには個人的に最もオススメのTV Jones ブライアン・セッツァーのシグネイチャーを搭載。種類の違うコイルを組み合わせることで、クリアで抜けの良いトレブルとパワフルな低音を実現。

ブレーシングには58/59年スタイルのトッレスル・ブレーシングを採用。程良いソリッドフィーリングを持つブレーシングで、Gretsch/Brianファンにはお馴染みですね。

 

トレッスル・ブレーシングについては以前のブログから

 

またまた余談ですが、ブライアンといえばStray Cat Stratでもお馴染みのヘッドにラインストーンが施されたファルコン、“Choo Choo Hot Fish”のジャケットで手にしているファルコン、どちらもダイナソニックを搭載した1956年の所謂“初期スペックのホワイトファルコン”のイメージが強いと言う方も多いのではないでしょうか。残念ながら現在は手元には残っておらず、ラインストーンの入ったファルコンはAdam&the Antsのマルコ・ピローニに売ってしまい、今となっては唯一手放したことを後悔しているギターということです。

 

ファルコンならではのサウンドを生み出すファクターとして、6120等のミディアム・スケールに対してロングスケールによるテンションの違いと、大振りなヘッド&インペリアル・チューナーの重量がタイトなサウンドを引き出します。

このスケールとゴージャスなヘッドがルックスのみならず、サウンド面でも最上級モデルを主張してくれているようです。

 

美しいだけではなく、サウンドも弾き心地も夢心地のホワイト・ファルコン!!手にするとタメ息が出ます。、、、、、欲しい。

ハードケースはヴィンテージのSupreme  Case を復刻。

 

 

製作はもちろん巨匠スティーブン(ステファン)・スターン率いるカスタムショップ!!

こちらは、2017年のWinter Nammに展示された、ショーモデルの紹介ムービー

 

スティーブン・スターン(Stephen Stern)

 

ジミーダキストとボブ・ベネデットという二大アーチトップの巨匠に師事し、著名なギター・コレクターであるスコット・チナリー氏がダキスト追悼のために企画した”ブルー・ギター・コレクション”において、世界で最も優秀な22人(ダキストを含む)のアーチトップ・ギター・ビルダーのひとりに選ばれた逸材。(その時に製作したのはFender Custom アーチトップでした)

Fender CSのシニア・マスタービルダーでありながらGretsch CSのマスタービルダーも兼任するアーチトップのプロフェッショナル。2006年にグレッチのカスタムショップを本格的に立ち上げ、2009年にブライアンセッツァーの1959年 6120、2011年にはジョージ・ハリスンの1957年 6128の実機を基に製作した、トリビュート・シリーズを発表。その出来栄えは素晴らしく、まさにクローンモデルとして話題を呼びました。

 

2017年のNamm Showでは、AC/DCのMalcom Young  6131のトリビュートを発表!!

 

ヴィンテージと見紛う再現度はもちろんですが、手に取って鳴らしていただければ、楽器として一本のアーチトップギターとして優れている事がお分かりいただけるでしょう。多くのヴィンテージの実機を解析してきた膨大なデーターを基に、超一流のアーチトップ・ビルダーが製作するGretsch Cuatom Shop。ある意味では歴史上最高のホワイト・ファルコンと言って差し支えないかと思います。

 

では、これまでのGretsch Custom Shop 当店入荷分をおさらい。

ブライアンの'57シルバージェットを再現した “THE DIRTY BOOGIE”スペック!!

 

ジョージライクなAll Blackのレアスペックを再現した Duo Jet!!

 

 

 

完全オリジナル。なんと3P.UのTriple Jet!!

 

フィルタートロン、59年スペックのJet Fire Bird

 

ノッティーパインにウェスタンモチーフ!!ファンにはたまらないラウンドアップ。

 

代理店のスペシャルモデル。超クールなシルバーペンギン!!

 

Gretsch Custom Shop 在庫はこちらから

http://shop.miyaji.co.jp/SHOP/ka-g-18004.html

 

今からオーダーをしても1年後のCustom Shop‥‥‥ですが、オーダー等も可能なのでお問い合わせください!!

 

 

宮地楽器 神田店 担当 山田

お問い合わせ先

友だち追加