楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

TV Jones Ray Butts Ful-Fidelity Filter’Tron 1959 PAF /ヴィンテージ・フィルタートロンを完全復刻!!

この記事は2017.05.31 Wednesdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

TV Jones / Ray Butts Ful-Fidelity Filter’Tron Pickups がついに入荷!!

初回入荷分 59年スタイルのPAF刻印が全バリエーション入荷!!

クローム(ノンエイジド/エイジド)、ゴールド(ノンエイジド/エイジド)の4種類。

Gold Agedに関しては、国内初回入荷この1セットのみ!!

 

TV JONES Ray Butts P.U

在庫、商品ページはこちら


・PAF Cover Bridge / Chrome 定価¥33,000
・PAF Cover Neck / Chrome 定価¥33,000

 

・PAF Cover Bridge / Aged Chrome 定価¥36,000
・PAF Cover Neck / Aged Chrome 定価¥36,000

・PAF Cover Bridge / Gold 定価¥35,000
・PAF Cover Neck / Gold 定価¥35,000

・PAF Cover Bridge / Aged Gold 定価¥38,000
・PAF Cover Neck / Aged Gold 定価¥38,000

 

 

 

先日もお伝えしましたが、こちらは先日のWinter Namm 2017 の様子

個人的に、Nammの発表で楽しみにしていたP.Uです。

 

 

TV Jones Ray Butts Ful-Fidelity Filter’Tron 

なんとTV Jonesから、フィルタートロンの開発者であるRay Buttsの名を冠したフィルタートロンが発売!!

 

Ray Butts (ジョセフ レイモンド バッツ)はエンジニアで、1957年にハムキャンセル機能を持ったP.U、フィルタートロンを開発。グレッチのフィルタートロンは、Gibsonのセス・ラバーによるP490と並び、最初のハムバッカーP.Uとされています。今回このフィルタートロンがFul-Fidelity(完全再現)されました。ワイアー、ポールピース、マグネット、ピッチに至るまで全てをオリジナル同様に再現。ポッティング(鑞付け)もされていません。抵抗値はジョーンズがこれまで経験してきた、ヴィンテージのフィルタートロンの最も良いバランスを参考に決めています。

 

数年にわたる故レイバッツの家族とTV Jones(トーマス ジョーンズ)とのコミニュケーションの末、全ての権利がジョーンズに譲り受ける形となり、このP.Uの商品化が実現しました。もちろん、ブライアン・セッツァーのギターリペアを始め、数々のヴィンテージ・サウンドを知る彼以上の適任はいないでしょう。TVジョーンズはレイバッツの正統な継承者として、オリジナル・サウンドを引き継ぎました。

 

こちらは、NAMM ブースに展示されていたオリジナルのフィルタートロン(1959年)。

1959年は特許出願中ですので、カバートップにPATENT APPLIED FORの刻印が入ります。PAFはギブソンのハムバッカーの俗称で良く使われますが、フィルタートロンも同様ですのでこれもれっきとしたPAFです。57年から58年は刻印なし、59年から60年初期はP.AF.刻印、60年以降はナンバー刻印(2892371)となります。

 

 

その他にも、貴重な資料の数々が展示。

レイバッツが取得した特許の証書や名刺、若き日のレイ バッツの写真等、家族が大切に保管してきたものです。

 

 

 

 

今回の製品発表は、単なる商品の発売だけではなく、Gretsch&Filterの歴史に加え、レイ・バッツと彼の家族に対する敬愛の念を感じます。

 

実際のデモ演奏では、スラップバックでP.U本来のサウンドはわかりづらかったのですが、非常に音楽的且つ、ピュアでフラット気味のトーンもヴィンテージライクに感じました。弾き手としてはスラップバックのエコー音込みでのトータルサウンドが重要なので、その辺りは試していただくしか無いでしょう。

これまでのヴィンテージ・リプレイスの定番は “TV Classic”でしたが、TVは現代的な使用を考慮しポッティングされています。ややミドル寄りに味付けもされており、セットごと交換すれば違和感はありませんが、実際に私自身、59年のPAF と併用しましたが、質感の違いやバランスが気になってしまいました。

 

ポッティングされていないため、ハウリングには弱くなりますが、独特の質感とダイナミクスこそオリジナルフィルター・トロンの魅力。今後はクラシカルなTVサウンドとリアルなヴィンテージ・サウンドが、お好みでチョイス可能になります!!

 

何と言っても嬉しいのは、年代ごとのカバー・タイプが全て選べる点。(刻印なし、PAF、ナンバード)さらに、クローム or ゴールド、エイジド or ノンエイジドまで選択可能!!

 

近年、ヴィンテージの6120のリプレイスにはもちろん、ヴィンテージのシングル・アニヴァーサリー(6124/6125)のデュアル化なんてのも可能になりますね!!もう迷う必要なし、自分買います!! 

 

詳細は後ほど。

在庫、商品ページはこちら

 

その他、詳細はお問い合わせください。

 

宮地楽器 神田店

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-4
TEL 03-3255-2755

 

山田

友だち追加
  • 2017.05.31 Wednesday
  • -