LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2014.12.26 Fridayに書かれたものです。
中でも最も気合いの入った1本がこちら
G6120-1959LQ SP FSR Chet Atkins Hollow Body

Gretschファン垂涎の1959年6120を出来る限り再現した1本です。

エレキギターにおいて59年製といえば、まず “Gibson Les Paul Standard” が浮かびますが
Gretsch 6120においても59年はファンにとって「黄金スペック」とされる1本。

その代表的なユーザーであり、現在のGretsch人気の立役者と言えばもちろん
「ブライアン・セッツァー」ということに異論は無いでしょう。
彼の歴代愛器が1959年製の6120と言う事もあり、ヴィンテージ市場の人気も価格もグッと上がります。

'59年製6120が何故特別なのか?

6120 Chet Atkins Hollow Bodyの歴史は1954年の登場に始まります。
ギブソンにレス・ポール氏がいるように、グレッチにはチェット・アトキンスが共同開発のパートナーとして存在しました。
偉大な彼のシグネイチャーモデルとして登場したそのオレンジカラーはブランドを象徴するモデルとして現在も愛されているわけです。
チェット以外にもエディー・コクラン(55年製)やデュアン・エディー(57年製)らも愛用した初期モデルにはダイナソニック(ディアルモンド) シングルP.Uが搭載、ボディー内は完全なフルアコ(空洞)構造。

分かりづらいですが、、、
54年製のボディー内部、支柱も無くフルアコースティック構造                               
2.jpg
そして、57年後半からレイ・バッツがデザインした傑作P.U「フィルタートロン」が搭載されます。
Gibsonのハムバッキングほどファットでもなく、Fenderのシングルほど非力でもないこのP.Uは、ホロー構造にベストマッチしGretschサウンドを大きく特徴づける物になりました。
また1957年〜1958年製にはブロック、ブレーシングの強化がほどこされます。
その結果ボディーの振動を打ち消し、ソリッド感の強いサウンドとされています。
(もちろん個体差もありますが‥‥)
1959年頃からバック側のブレーシングが除かれた俗に言う「ライト・ブレーシング」
仕様になり、ホロー・ボディーの鳴りを取り戻します。(ブロックは有り)

こちらはヴィンテージ 59年製6120のボディー内部
3.jpg

4.jpg


こちらは今回の復刻モデル。

ヴィンテージ同様の3枚のラミネートトップ(現行の他のモデルは5プライ)
59年スタイルのトレッスル・ブレーシングも忠実に再現されています。
5.jpg
またボディー厚ですが59年製の前期が厚さ6,8ミリのディープボディ、
(ブライアンの初代6120)
59年後期からはボディ厚が6,3ミリのミディアムボディと呼ばれるサイズがありますが
(ブライアンの現在のメイン)今回はミディアム・ボディーで復刻されています。
その後60年から年を経るごとにボディーは薄くなり、62年にはダブル・カッタウェイが採用される等、サウンドはまたソリッドにシフトしていきます。当時のグレッチが試行錯誤(以外と適当?)していた事がよくわかりますが、
「50年代前半ほどアコースティックではなく、58年や60年以降ほどソリッドでない」
結果的にこの59年代スペックのみがオンリーワンなサウンドを得られる事となったのです。 

そんな1959年の復刻モデル是非手に取ってみて下さい。
在庫、詳細はこちら

山田
お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10