楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

Friedman/DIRTY SHIRLEY

この記事は2017.09.23 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

BE-100と双璧を成すFriedmanの名作アンプDIRTY SHIRLEYが待望のコンパクト化

 

 

BE-ODもクオリティと再現度が非常に高く話題になりましたが、こちらもそれと同等の仕上がりです。
基本キャラクターはFriedman流のクラシックMarshall。

 

友だち追加

Friedman/BUXOM BOOST

この記事は2017.09.23 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

好評のFriedmanストンプシリーズにブースターが登場!

 

 

アンプメーカーらしい、プリアンプ色の強めなブースターに仕上がっています。

基本はマスターボリュームを兼ねたBOOSTコントロールとモダンギターサウンドの要、ローカットコントロールのTIGHTのコンビネーション。
それにバイパス可能な3EQを搭載し、幅広いサウンドメイクに対応する1台。
もはやクリーンのプリアンプと取った方が分かり易いかもしれません。

 

友だち追加

FRIEDMANより「BUXOM BOOST」と「DIRTY SHIRLEY」登場!

この記事は2017.09.23 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

FRIEDMANより「BUXOM BOOST」と「DIRTY SHIRLEY」登場!

FRIEDMANのニューペダルの「BUXOM BOOST」と「DIRTY SHIRLEY」が国内発売!

JTMを基に作られたDIRTY SHIRLEYアンプを基本にし、70年代のサウンドを再現した「DIRTY SHIRLEY」。FRIEDMAN BUXOM BETTYというアンプの名前を冠した「BUXOM BOOST」。絶賛発売中です。

友だち追加

KarDiaN/C9H13NO3 アドレナリン

この記事は2017.09.02 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

KarDiaN/C9H13NO3 アドレナリン

『砂漠を駆け巡るドライブサウンド』
this pedal is dry sound.
80年代、カリフォルニアの砂漠地帯で生まれたデザートロック。
広大な砂漠を駆け巡るそのギターサウンドは重く、そして限りなく乾いていました。
我々、KarDiaNが送り出す「アドレナリン」もまた荒々しく繊細で乾いたディストーションペダルです。

 

友だち追加

KarDiaN/C3H5N309 ニトログリセリン

この記事は2017.09.02 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

KarDiaN/C3H5N309 ニトログリセリン

『息をするオーバードライブ』
60年代に花開いたロックミュージック。
その音楽史の中で燦然と輝く偉大なギタリスト達の傍らには常に素晴らしいドライブサウンドが存在していました。
我々、KarDiaNが送り出す「ニトログリセリン」もまた偉大なギタリスト達が愛した”あの音”が息衝くオーバードライブペダルです。

 

友だち追加

BJFEの怪作EGDMが久々の国内入荷!!

この記事は2017.08.21 Mondayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

BJFEの怪作EGDMが久々の国内入荷!!

英国サウンドの必需品VOX AC30のトップブーストのレスポンスを持つディストーションユニット。
軽めのクランチからトップトーンが煌めくディストーションサウンドまでカバーします。
食い付きのよいレスポンスと複雑で奥行きのある音像はアンプさながら。

新品で入手する機会の非常に少ない1台です。
お早めにどうぞ。

友だち追加

Jim Dunlop/JHM8 JIMI HENDRIX GYPSY FUZZ

この記事は2017.08.07 Mondayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

 

Band of Gypsysの特徴的なオクターブのないOCTAVIOを上手く表現した1台!

 

Band of Gypsysのファズフェイスサウンドを再現したモデル。

 

 

友だち追加

Fredric Effects/Super Unpleasant Companion

この記事は2017.08.05 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

 

日本が誇るヴィンテージファズ、シンエイのFY-2とFY-6を当時の面影を残す筐体で融合したペダル

Shin-Ei FY-2とFY-6を完全に内蔵。

ルックスだけでなく、ヨレるサウンドもヴィンテージ準拠。

FY-2のサステインは勿論、アタックにもゲートがかかる謎ダイナミクスもFY-6の普通に名機なSuper Fuzzサウンドも思いのまま。
ヴィンテージを実際に触った方でも、結構な完成度で驚かされるまさかのクオリティ。

筐体からして寸法ドンピシャで製作するこだわりっぷり。

 

友だち追加

【コラム】エフェクターボード製作記事 ちょっと変わったケーブル

この記事は2017.06.24 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
effector
エフェクターボード製作記事 ちょっと変わったケーブル
友だち追加

【新着エフェクター】 toneconcepts GOO

この記事は2017.03.23 Thursdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
Nels Cline (Wilco) シグネチャーのディストーション。エフェクターの真髄を知る匠の感性がここに。
続きを読む >>
友だち追加