楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
modsynth
new effector
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

The Fuzz Box Germaのサウンドプロモーション・ビデオが完成しました

この記事は2013.03.17 Sundayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
皆さんこんにちはiです。

シンコーミュージック刊「The Effector Book Vol.19」も無事に校正を終え発売されて、いよいよわれらが齋藤氏もエフェクター・ビルダーとして世に出たわけですが、いくら音のみにこだわったと申しましても、実際写真写りがよい最近のハンドメイド・エフェクターたちと広告媒体のみで互角に戦うには無理があります。
エフェクターというのは不思議なものでして、外観も実は重要な部分。ギターと違って機械なんだから別にどうでもよいという感覚もありますが、どうせ足元に並べるなら可愛かったり、カッコがよい方が良いに決まってます。
まあ、その課題はおいおい置いておいて、と申しますのも、もし着色等の他の製作工程でコストがかかったら、現在の価格では販売出来ないという問題もあるのです。
ですから、まずはできる限りお求めやすさを考えた値段に設定し、皆さんにこの音を聴いて、触って、感じて、そして、気に入ったら購入して頂きたいという想いのみで製作しておりますのが実際なのです。
音に関しましてはもちろん、万全の自信は持っておりますが…。

マイクフラー(Fulltoneの創立者)さんも最初はそうでした。最初のFulldriveはこの様な銀色の筐体にシールが貼ってあっただけです。が、しかし、中を覗くと完全な手作り。ビルダーの息吹を感じたものでした。
そして、今現在のLOUD&PROUDも全くそれと同じ、全て齋藤氏一人による手作りです。1台1台本人による最終的なサウンドチェックを行ってから私どもに納品いただいております。
それはThe Crunge Box、The Fuzz Box、The Fuzz Box Germaとすべての機種がそうであり、まさに職人芸以外の何者でもありません。


というわけで、新たなThe Fuzz Box Germaのサウンドプロモーション・ビデオが完成しましたのでこちらでご報告いたします。もし、こちらの音にピンと来ましたら110番でなく、ご連絡下さいます様お願い申し上げます(笑)。

i




LOUD&PROUD商品ページはコチラ→GO!!

LOUD&PROUD製作者インタビュー後記

この記事は2013.02.11 Mondayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)



皆さんこんにちはiです。

先日は3/8に発売されますシンコーミュージック刊「THE EFFECTOR BOOK Vol.19」において、LOUD&PROUDを記事で取り上げてもらえる、しかもっ、製作者インタビューを3ページもということで、喜び勇みつつLOUD&PROUDのS氏とともに、神田錦町にありますシンコーミュージック・アネックスビルに向かったわけでした。
シンコーミュージックさん、実はウチのお店から目と鼻の先でありまして、歩いて10分かかりません(昼によく行く“らーめん本田”の隣なんですねこれが、笑)。
古くからシンコーさんにはウチのスタジオやホールを取材のためにお使いいただいており大変大切なお客様でもあるわけですが、まあそれと、今回の取材の件はまた違った関係ではあります(笑)。

そんなわけで、今回はガチもガチガチ(緊張しているわけではありません)、ガチンコ勝負のつもりで勝負服(?)を身にまとい、知り合いの美容師まで呼んでSさんも私も髪を整えてもらい、いざ出陣となったわけですが、細かい内容等は是非、是非にっ、3/8発売の「THE EFFECTOR BOOK Vol.19」をお買い上げ頂きご確認して頂きたいわけであります。
さすがに様々な過去の事情により、HP等や特にメディアになどは絶対に顔を晒したくなかったS氏も、ある意味この私も、今回ばかりは正々堂々、顔出し撮影OKをしておりますし(笑)、熟年男の哀愁のこもった熱き想い(製作秘話)を惜しげもなく晒しています。

とまあ冗談はさておき、1時間少しのインタビューでしたが、S氏も私も思いの丈は伝えたかと。取材が終わってからは二人とも精魂つき果てた感じで、特に私はその日は遅番でして、なかなかヘビーな、でも非常に濃密で充実した一日だったわけであります。
というわけで何度もくどくて申し訳ありません。
3/8発売シンコーミュージック刊「THE EFFECTOR BOOK Vol.19」にLOUD&PROUDの記事(製作者インタビュー3ページ)が掲載されます。是非宜しくお願いします。

と共に、インタビューでは答えなかったことで大変重要なお話を折をみてこちらのブログに書かせていただきますが、準備が整い次第の発表となりますのでそちらの方も宜しくお願いいたします。

ひとまずは出来立てホヤホヤのTHE FUZZ BOX GERMAの動画をご覧下さい。



弾いてくれておりますのは、西村貴博くんというギタリストです。彼もTHE FUZZ BOXを愛用してくれている若手ギタリストであり、近年は藍井エイルさんのセッションギタリストとして活躍中ですが、非常に熱い心を持ったシャイなナイスガイです。

ではではまたー!

i

LOUD&PROUD商品ページはコチラ→GO!!


LOUD&PROUD THE FUZZ BOX “GERMA” 発売です その2

この記事は2012.12.15 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 iです。前回からの続きです。

ではLOUD&PROUD THE FUZZ BOX “GERMA”の誕生からお話ししますと、今年はTHE FUZZ BOXがシンコーミュージックさんの「EFFECTOR BOOK Vol.16」「ヤングギター」、リットーミュージックさんの「ギターマガジン」、そして、エフェクターマニアに人気があり、楽器業界人もエフェクター担当者は必ず目を通す(?)という人気サイト「気になるおもちゃ」さんにも取り上げられ、おかげさまでプロ、アマ問わずご来店ご購入いただき、それはそれは感謝この上なかったのですが、そうなったらそれはもう、注目が冷めやらないうちに次の一手を…というのが人情というもの(笑)。

というわけで、12月のセールで何か話題性のあることはできないかと私からSさんに電話をかけたある日のこと、あーでもないこーでもないと二人で頭を絞って考えていたらSさんがいきなり

S氏「ゲルマニウムを使ったTHE FUZZ BOXを一度作ってみます?」

その言葉にふいうちを食らったといいますか電気が走りました。

私「ゲルマ??いいねえ〜〜〜でも実際出来るの?」

S氏「一応私もあれから日々研究に励んでましてね、ゲルマを使ったFUZZ BOXも作ってはいたんですよ。でもそれが商品として通用するかはiさんの判断次第なんですけど」

私(すごっ、さすが元アンプ設計者)「そうなんだ(汗)?ぢゃあそれひとまずサンプルでいいから音を聴かせてよ」


そんなわけで、それからはまたSさんと私がタッグを組んだ、見えない敵との戦いが始まったわけでした。
いや実際、シリコンであそこまで頑張ってもう二人の引き出しは使い果たし、「これでどうだっ!」と発売したのが去年の12月。
ゲルマは確かに商品としては魅力的ですが、動作は安定しないししかもっ、もし出すならTHE FUZZ BOXとのサウンド的な差別化は絶対に必要になる。果たしてそれがうまく出来るのか??
サンプルのサウンドを聴いて、図太いし確かに面白いとは思いましたが、それと商品を作るのとは全く別の話です。

一時は閉店後、仕事を終えた私の前に基盤むき出しのFUZZ BOX“GERMA”を持って待ち構えているSさんをうらめしいと感じたこともありましたが(笑)、そこはもう、実際作業が始まってからは良い音へのあくなき探究心というのがこんな私でも多少はあったわけでして…(笑)。
そして、試作に改良にと日々を費やし、ようやく「これだ!」というものが出来、製品として一度は納品してもらったものの、やはり何かが違う…。やり直し。
そんな繰り返しの中、ようやくこれならおそらく大丈夫であろうというものが完成したわけです。

こうして出来上がったFUZZ BOX “GERMA”ですが、今回一番困ったことは、何度も申し上げますが、ゲルマニウム・トランジスタを使用してオリジナルTHE FUZZ BOXをある意味超えた良い方向にもっていくことでした。これには本当に何度Sさんと頭をかかえたかわかりません(苦笑)。

具体的に言うならば、ゲルマ独特の色の濃い、良い部分のみを抽出する作業です。しかも、FUZZ BOXの操作性、つまり右手のコントロールに俊敏な部分の使い勝手はそのまま残したいという。
それと、やはりゲルマと謳って商品を出す限り、人々が持っている「ゲルマ=太い」といったイメージのその太さ加減と申しますか、いかに魅力的な“ゲルマ感”というものを前面に出し、しかも(ここが大切です)
温度等に左右されない安定した動作を可能にするか…。

何度やってもオリジナルを超えることが出来ず、もう無理なのか?と二人とも落胆しかけた時、彼も漢(おとこ)ですね(笑)。最後の最後にそれまでの設計の発想から頭を転換したのでした。つまり、我々のサウンド作りの基本の基本に戻り、すべてヒアリングで最初から音を作り始めた結果、ゲルマニウムとシリコンをミクスチャーで使用し、互いの良さを強調するやり方を偶然に見つけたわけです。
それらのプロセスには、私はただひたすらSさんに頭が下がると申しますか、ビルダーとしての彼に敬意を感じずにはいられません(と日記には書いておこう)。


さて、以上がTHE FUZZ BOX “GERMA”誕生までのお話です。
そして実際にこちらを試奏していただいた某音楽雑誌ライター&エンジニアの方には、少し興奮した様子で「これが正しいゲルマの音だ」との評価もいただきました。

あとは皆様が是非こちらを手に取って実際にそのサウンドの方をお試しいただきたく、
なにとぞ心よりご来店お待ち申し上げます。


i
 



写真をクリックすると商品ページへ飛びます


LOUD&PROUD THE FUZZ BOX “GERMA” 発売です その1

この記事は2012.12.01 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
皆さんこんにちはiです。

さて本日から始まりました2012 Winter Saleですが、12/30までの30日間、転がる石の様にとめどなく、用意周到、ストーンズもといビートルズ関連の商品を揃えまして皆様のご来店をお待ちしているわけですが、エフェクター担当である私の今回セールの持ち球はずばりっコレです↓

LOUD&PROUD THE FUZZ BOX “GERMA” 限定発売!!
 



全然ビートルズではありませんがお許し下さい(苦笑)。

というわけで、限定だなんてもったいぶってる感じがしますが、実は商品ページをご覧いただければおわかりの様に、ゲルマニウム・トランジスタ自体がすでにヴィンテージパーツ化していてこの世にあまり存在しないのが一点、また仮に20個手に入れられたとしても、正常に動作するものをセレクトする必要があるのが一点、そして、それを使用してファズを製作したとしても、ハイクオリティーにするのが容易でないのが一点、とそれらの理由から安定的に販売出来る代物ではなく、まさにやむを得ず…なのです。

では、エフェクターの世界でよく聞かれるゲルマニウム・トランジスタとは一体どの様なモノなのか??
気になるところですので、少し触れてみますと、トランジスタ自体が生まれたのは戦後まもなくなんですね。1947年にアメリカのベル研究所というところで初めて開発されたのがゲルマニウムのそれだそうで初期のトランジスタは全てゲルマニウムで出来ていた様です。写真はその1号機のレプリカです。
てことはゲルマにしろ何にしろ、1947年より前にトランジスタなるものは存在しなかったことになります。電流を増幅するのは全て真空管だったってことでしょうか??確かに私が幼い頃自宅にあったTVは白黒の真空管TVでした(古すぎだろっ、笑)、そしてトランジスタのカラーTVでリモコン付きで家具みたいに大きい奴なんてのがお金持ちのステイタスみたいなものでしたから、きっとそうなのでしょう…ね。
話がそれました(苦笑)。
そんなわけでトランジスタの歴史自体はせいぜい65年なわけです。1960年代のトランジスタラジオ、1970年代のトランジスタテレビと70年代までは結構ありがたがられていた電子部品だったわけですが、そう考えると60年代半ばに当時先端?のトランジスタなるものを使用して、まだ一般的ではなかったエレキギターという楽器の音を“グアングアンギャンギャン”言わせるだけの変なペダルを作ってる会社があったということが今考えると面白いと申しますか、当時のエフェクターメーカーというのは相当ぶっとんでたのかもしれません(笑)。

まあこれ以上ゲルマニウム・トランジスタ自体に焦点をあてますと電気的な説明も必要になり、私はパスなのですが(笑)。ただ、ググるといろいろ出てくる様ですのでご興味ある方にはご覧いただいて、ここでは楽器屋らしく、ファズというエフェクターにおける、ゲルマニウムとその後のシリコン・トランジスタとのサウンドの違いはあるのか?あるいはTHE FUZZ BOXに関しまして、トランジスタにゲルマニウムを用いたことで何が実際に変わったのか?あたりをお話したいと思います。


まず、THE FUZZ BOXのビルダーでありますLOUD&PROUDのSさんにお話を伺ったところ、ゲルマニウムとシリコンのサウンド的違いというのは、基本的に明確にはないとのことでした。ゲルマニウム・トランジスタがすでに作られておらず、プレミアが付いて高価なこと、また人気のあるヴィンテージ・エフェクターにゲルマニウム・トランジスタが使用されていたことが、その評判に影響していそうだとのこと(当然温度差による動作の不安定さや耐久性の悪さがゲルマにはある)。

ただし、ゲルマニウムの方が部品ひとつひとつ明確に色を持っている、つまりキャラクターがあるのは確かな様で、その点シリコンに比べて濃いイメージがあると言っておりました。
たとえば、このゲルマニウムはフェンダー系の歪みに向いてそうだとか、これはメサ・ブギーだとか、色々とビルダー心をくすぐるのがゲルマであり、シリコンにはそこまでキャラクターがある気がしないとのこと。
さらにつけ加えると、いずれにせよその様なトランジスタの特性を生かすも殺すも回路次第なわけで、シリコンでも回路次第では素晴らしいサウンドを生み出し、ゲルマだからと言ってそれが全て良いものではないとのことでした。確かに、私もTHE FUZZ BOXのサウンドメイクに関わり、その点実際に目の前で感じた部分ではあります。

さて、ここまで書いてようやく今回発売しましたTHE FUZZ BOX “GERMA”にお話をもっていきたいのですが、またしても長くなってしまいました(汗)。
ので、このお話の続きはまた次回、THE FUZZ BOX “GERMA”の製作秘話等も含めてさせて頂きます。

いや、そんなことより、まずはサウンドを確かめたい!という方ももしかしたらおいでになるかもしれません。
そんな方には昨夜ギリギリであがってまいりましたファーストロットTHE FUZZ BOX “GERMA”が現在店頭に5台のみございます!!
是非、ご来店下さいます様、お待ちいたしております。

ではではー!

i

アートな1本ものギター TOTEM GUITAR その3 

この記事は2008.02.02 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
              

DREAMCATCHER GUITAR

数年前、TOTEM GUITARと同じ工法で制作された”DREAMCATCHER GUITAR” がネットなどで話題になり当店でも展示販売を行っていましたが、残念ながら製造完了となってしまいました。
DREAMCATCHER GUITARとはボディトップにアメリカのネイティブアメリカンの民芸品?であるドリームキャッチャーが埋め込まれ透明な樹脂でコーティングされたギターでしたが、もちろん製作していたのはTOTEM GUITARの工房でした。
事の始まりはTOTEM GUITARのビルダーMICHAEL SPALTのパートナーLEO SKARAが製作したドリームキャッチャーが埋め込まれたライトグリーンのTOTEM GUITARでしたが(トップの写真のモノ)、そのギターがアメリカのNAMMショウで展示されていたところ、BAD CAT AMPを輸入しているシャスタトレーディングのO氏が目に留めた事がきっかけになりました。
O氏はこのギターをシリーズ物として日本で紹介したいと考えたのです。私とは旧知の仲である彼がDREAMCATCHERGUITARの販売権を取得したいと連絡を取って来ました。TOTEM GUITARの日本での販売権を所持している当店(宮地楽器)に相談をもちかけたのです。
結果このプロジェクトはO氏、LEO SKARA、MICHAEL SPALTの3者でスタートすることになり、日本での販売権はシャスタトレーディングが取得することになったのです


第1回の製作ロットが日本に入荷してエンドーサーをさがしていたO氏はBAD CAT AMPでコンタクトのあったCHARさんに話をもちかけました。
なんと偶然にもちょうどその時にNISSAN自動車とヤフーのコラボで企画された”DUAL FEEL”というウェブドラマでギターが必要であるという話に遭遇したのです。まさにこれ以上ないプロモーションの話にDREAMCATCHER GUITARが乗りました。”DUAL FEEL”というウェブドラマをご存知の方も多いと思いますが簡単にストーリーを紹介すると、女優の小西真奈美とCHARがネットオークションを介して知り合ってしまうというもの。彼女がもとカレの想いを消し去るために思い出のギターをヤフーのオークションで処分したいと考え出品します(そのギターがDREAMCATCHER GUITAR)。新しい曲の制作に行き詰まっていたCHARがネットでDREAMCATCHERを発見し落札。その後偶然にもラジオ番組収録で出品者が小西真奈美本人であったことが判明してしまいます。そのギターにインスパイアされて新曲が見事完成するというストーリーでした。


当時は話題になりギターも何本か販売されていきました。3色(NIGHT,DAY,SUNSET)のバリエーションとHUMBUCKER,P-90の2種類のピックアップとローズ、メイプル指板がセレクトできました。残念なことにプロジェクトの1人であるLEO SKARAがTOTEMの工房から抜けてしまいこれ以上製作ができなくなり入荷が終了してしまいました。
デザイン的にも楽器としても非常に評価の高かったギターだけに残念でなりません。みなさんも中古市場などで見かけることがありましたら手に入れてみてはいかがでしょう?
(宮地楽器神田店 店長)

    

アートな1本ものギター TOTEM GUITAR その2 

この記事は2008.01.18 Fridayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
製作工程の話

パーツTOTEM GUITARはすべて木材の状態からボディ、ネックがビルダーの手によって作られます。
まずはボディ造りから始まります。

1.ボディのベースとなるマホガニーやアルダー、レッドウッドなどをあらかじめ選定します。その上にどんなデザインでどんなオブジェをのせるかです。どこかで拾ってきたようなガラクタを大量にストックしてあり、その中からテーマを決めてレイアウトをはじめます。レイアウトが決まったらボディのアウトラインを決めながらカットします。

2.特別に配合されたクリアの樹脂を充填し、約10日間ほど埃の入らない箱の中で固まるのを待ちます。樹脂は硬くもなく柔らかくもない絶妙なバランスで配合されています。バックの木材とのサウンドを想定した調合はもちろん企業秘密。
同時進行でネックも制作に入ります。ネックに関しても木材の状態から切り出して、指板の貼り付け、整形、塗装、フレット打ちまでビルダーが行います。一部コストダウンしたラインアップ“Xシリーズ”はネックを外注していますが。

3.ボディが固まったところでピックアップキャビティやコントロールキャビティのルーティング。

4.最後に仕上げのコーティングをほどこしてボディのできあがりです。ボディが完成してしまえばあとは普通のギターと同じ工程で組み込みが行われます。

ボディのルーテイングが行われる前に“こんなボディできたけど、、、”という画像メールが宮地楽器に送られてきます。イケそうなボディがあればピックアップレイアウトやネックの仕様を指定して1本オーダーする事になります。ボディが出来ていれば完成まで2.3週間です。ちょっと早すぎる気もします、、、、。ラッカー塗装は完全に乾くまで1ヶ月はかかりますよね?そのせいでしょうか日本に到着してからネックが落ち着くまで数ヶ月かかりますね。店頭に展示してからもこまめにネックの状態をチェックしています。

という具合で芸術的な1本ものギターが当店にやってくるわけです。最近はヨーロッパに新しいディストリビュータができたようでかなり注文が殺到しているようです。そのためなかなか新作ボディができてこないのが悩みの種です。今までのペースだと年間で8-10本くらいでしょうか?もっとつくってくれーマイケル!
私個人的にこのアートなギターにハマッテしまい数本所有しています。今後もこのギターが供給され続けるという保証はどこにもありませんからね。しかも1本もので同じものは絶対出てこないとなると、、、、もう買うしかないでしょう!今度はベースも買いたいと思ってマス。

というわけで非常に簡単に制作の話が終わってしまいました、、、、。
次回はすでに生産完了となってしまったDREAMCATCHER GUITARの話をしたいと思っています。
(宮地楽器神田店 店長)

                


アートな1本ものギター TOTEM GUITAR その1

この記事は2007.12.22 Saturdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
MICHAEL SPALT との出会い

その1a私がTOTEM GUITARと出会ったのは2003年のTEXASのギターショウでした。300以上もあるブースのなかでひっそりと一番小さなブースを構えていたTOTEM GUITAR。このTEXAS ギターショウは世界中のショップの買い付けスタッフ、ブローカー、バイヤーなどが一同に会する、年間でも一番ビッグなギタートレードショウです。ほとんどがVINTAGE GUITAR狙いで買い付けに来るバイヤーばかりで新品のカスタムギターは意外と無視される傾向にありました。

そんな中で一通りVINTAGE GUITARの買い付けを済ませて色々なブースを眺めていたところ、目に飛び込んできた個性的なギター達に心を奪われたのです。
なんというアートなギター達なんだろう、1本1本が違うルックスでしかも透明な樹脂の中にアンティークなオブジェが宙に浮かんでいるではありませんか。手に取って鳴らしてみると非常に丁寧に作られた楽器の鳴りが伝わってきました。アンプにつなげなくても生音を試しただけでそのギターの質感は分ってしまうものです。

早速ブースにいた男に(その人こそビルダーのマイケル スポルト本人)“このギターってもう日本に輸出したりしているのですか“と話しかけてみたところ、”いや、まだ海外には出したことがないよ“との返事が返ってきたのです。色々質問をしてみると彼は非常に物静かで落ち着いていて好感の持てる人物であると感じました。輸入の仕事を始めるのに、相手の人柄は重要なポイントであると輸入の業者たちには教えてもらっていましたので。
その場でディストリビュータになりたいと持ちかけると快く返事が返ってきました。ヤッタ!そのギターショウでは1本だけストラトシェイプのTOTEMを買わせてもらい日本に持ち帰りました。そのギターは下の写真のものですでにお客様の手に渡っています。個性的ですが非常に落ち着いたデザインになっていてビルダー本人の人柄が伺える素晴らしいギターでした。次回その二はTotem guitarの制作過程を取り上げる予定です、お楽しみに。

(宮地楽器神田店店長 山口)



Totem guitar Secret Garden

MIYAJI JAPAN VINTAGE MOD企画始動!!

この記事は2007.10.29 Mondayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
Japan Vintage Miyaji Custom母体遂にっ。始動しました!!BLOGです。
「ロック弦な日々」です。
ギター好きなスタッフが謙虚に、愛を込めてお送りいたします。皆様、どうぞヨロシクお願いいたします。

そしてっMIYAJI JAPAN VITAGE MOD…。も同時に始動いたしました。
要するにウチが改造するってだけの話で、今風に言うとモディファイって言葉になるだけなんですが…。
ただし。改造点が違います。今風です。このへんはこだわったつもりでおります。
製作過程は順を追ってコチラでご紹介いたしますので、今後ともご購読の程、是非に是非にヨロシクお願いいたします。

それではひとまずチームリーダーのタカダより皆様にご挨拶。以下です。


 ここ、神田の地で長いこと楽器店の店員をやらせてもらっておりますが、生まれて初めて”ギター関係のチームメンバーである池田、渡辺とともに、ブログ”なるものを書かせていただく事になりました。
 下は中学生、高校生から、会社員の方、熟年の大先輩に至るまで、音楽をクリエイティブに楽しんでいる方々の、少しでもお役に立てる情報提供やご提案が出来れば、と考えております。以後、宜しくお願い致します。
 と、堅い話はこれくらいにして、上にも書いてありますが、ジャパンビンテージモディファイですが、昔は良かった的な懐古趣味ではなく、木部の素材と木工の技術は素晴らしかった往年の国産のエレキギターの弱点だったエレクトロニクス、アッセンブリー関係(多少、決め付け気味ですが、、、。)を強化して、FENDER、GIBSONに負けないギターを作り上げようという試みです。
 ということで、当然オリジナルパーツに拘ることなく、我々が改善すべきだと考えるパーツはガンガン交換していきます。素材から、改造の過程をこのブログで公開していきますので、みなさん、どうかお楽しみに。 タカダ

1